地元群馬県の地域情報を中心に公開していきます。

標準語を全国各地の方言などに変換する「もんじろう」

2007.12.20

群馬県にも方言があります。

若い群馬県民はもう使わなくなってるけど、年配の人は今でも語尾に「-だんべぇ」「-だんべに」を付けて話す人も多い。
Σ(゚θ゚) あ、でも「どこから来たん?」とかは今でも使ってるっぽい。
この聞き方、標準語のイントネーションで語尾が関西弁ぽいから、関西人からは「下手な関西弁だ」と勘違いされるとかされないとか。

(´∀`) 京都や金沢によく旅するけど、やっぱり方言はかなり新鮮で面白い。
京都弁は聞いてると何か落ち着くというか、やすらぐ印象。
金沢弁は関東とも関西とも違って独特で、特に「ちょっこし(少し)」なんて言葉はなんとなく可愛らしい感じがする。

同じ言葉や話でも、方言が違うだけで受ける印象はかなり変わってきます。
方言変換サービスみたいのがあったら面白いだろうなぁ。
(´∀`) と思ってたら見つけました。
標準語を入力して変換すると、指定した方言や流行の面白語に変換できる「もんじろう」

変換できるのは全国の方言だけじゃなく、「ルー語」「死語」「ギャル語」「よしお語(?)」などの面白語にも対応。
(゚ぺ) 試しに上記の群馬弁の標準語版「どこから来た?」を変換してみた。

「どこから来た?」(標準語)→変換

  • 「まーから来た?」(沖縄弁)
  • 「どっから来よる?」(博多弁)
  • 「どさがら来た?」(津軽弁)
  • 「どこぞら攻めて来よった?」 (大阪弁)
  • 「どこぞら来やはった?」(京都弁)
  • 「どこなぁから来た?」(広島弁)
  • 「どこかい来やろー」(宮崎弁)
  • 「どこから来たか長さん待ってたホイ?」(死語)
  • 「(・∀・ = ・∀・)ドコーからキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!?」(2ちゃん風味)
  • 「ー⊂″⊇ヵゝら来ナニ?」(ギャル語)

なるほどねー面白いなコレ!

(´へ`) なんで大阪弁は「攻める」が入るんだ?
ボケ?

標準語→方言・面白語変換「もんじろう」

ページの最上部へ