地元群馬県の地域情報を中心に公開していきます。

うどん:「味の民芸」/群馬県伊勢崎市連取町

2008.03.24

jpg3月23日(日)、友人らと伊勢崎周辺でグダグダ遊んだついでに伊勢崎市連取町の手延べうどん「味の民芸」に行ってきました。

(´-`) ネット上では情報があまりなかったけど、確かかなり前からずっとある店のような気がする。
子どもの頃チラチラ見かけてた記憶があるから・・・たぶん老舗じゃないかと。
(´皿`) でも入ったのは今回が初!

外観も内装も純和風な雰囲気。
(`∀´) 店員さんも着物のようなユニフォームです。
仕切りで分けられた席が多いので周囲が気にならないとこがいい。

メニュー

jpg(゚o゚) メニュー数は意外と多い。
セットメニューもけっこう細かく書かれていて、ある程度ボリュームをコントロールできる。
(´∀`) 女性にも男性にもしっかり対応してる感じです。

本日のオーダー

注文したのは「地鶏のきのこ汁うどんセット」
d( ̄▽ ̄) せいろ1枚か2枚かが選べて、さらに4・5種類のミニ丼からひとつ選べる。
今回はせいろ1枚・ミニ天丼のセットにした。
(´-`) ミニとろろ丼も捨てがたかったな・・・。

手延べ?

jpg(´∀`) 手作りのうどんはつるつるっとした優しい味で、なんだかホッとする気分。
(゚ぺ) でも「手打ち」はよく聞くけど、「手延べ」とどう違うんだろ?

「手打ち」は小麦粉のお団子を平たく伸ばして包丁で切ります。
対して、「手延べ」はお団子を棒にして、それをズーッと細く長ーく延ばしつづけるのです。
うどんの細さになるころには、とんでもない長さの1本の棒になるわけです。
こうすると「手延べ」ならではの、コシやつるつる感が生まれるわけです。

– 味の民芸Webサイトより

(゚o゚) なるほどー延ばし方に違いがあるのか。
1本1本の麺が長めなのも納得できる気がする。

ご馳走さまでした

(´◇`) 友人が注文したちゃんぽんをちょっと喰ってみたけど・・・ちゃんぽんの方が良かったかな?
後でクチコミ調べてみたら、やっぱりちゃんぽんの評判が良くて一番人気。
次回はちゃんぽんにしてみよう。

そのあと地元のカフェで長い間ベラベラ語りつくして、友人のアパート部屋でTV見ながらしゃべり倒してから帰宅。
(´_ゝ`) たまにはグダグダな日曜もいいよなぁ。
って毎回言ってるような気がする・・・。

手延べうどん「味の民芸」

ページの最上部へ