地元群馬県の地域情報を中心に公開していきます。

江ノ島の旅 其の一

2008.05.19

前回の記事「鎌倉の旅 其の三」の続き。

(´Д`) 瑞泉寺から鎌倉駅へ向かい、江ノ電に乗るとようやく一息つけた。
途中で海が見えたり、路面に出たときの風景が珍しかったり。
でも足腰ヘロヘロ過ぎて、江ノ電を楽しむどころじゃなかった。
┓(´皿`)┏ もったいない!

江ノ島駅に降り観光地らしい道を抜けると、海が広がってついに江ノ島発見!
短いようで長い江ノ島大橋を歩いて渡り、やっとの思いで初日の旅館「岩本楼」に到着。
(´へ`) 長い一日だった・・・泥だらけの靴で旅館には申し訳ない・・・。

jpg部屋は広めで、横に長い窓からは相模湾がかなり見渡せた。
晩メシは部屋食でまったりと舌鼓。
(´∀`) 旅の中で最も幸せな時間・・・メシも酒も最高で疲れもぶっ飛んだ!
このあと友人Hは、乱れに乱れて狂い咲いてしまった。

(´ー`) 翌朝、旅館を出て江ノ島散策へ。
江ノ島って意外と地形なのね・・・この日も階段や坂に苦労しながら歩く歩く。
(゚∀゚) 途中で喰ったつぶ貝の串焼きがやたらウマかった!

神社で何度かお祈りしたあと、「岩屋」という洞窟へ侵入。
けっこう有名な観光地らしい。

jpg(´-`) 長い歳月を経て波の侵食でできた洞窟らしく、何やら暗くて不気味でうすら寒い。
昭和46年から長期閉鎖していて、周辺施設を一新して平成5年4月から再開したんだそうだ。
(´A`) 中腰にならないと頭をぶつけるほど天井が低いところや、人がすれ違えるギリギリの狭さの通路をひたすら進んでいく。
いかにもいわくありげな石造物があちこちに置かれてる。
(゚ぺ) 歴史的にも民俗学的にもかなり貴重な文化遺産らしい。

jpg岩屋を出たあと岩だらけの海岸を進んでいくと、観光用のが見えた。
(`∀´) 江ノ島に来たときは江ノ島大橋を通ったけど、今度は相模湾を渡って対岸へ。
舟に乗る機会なんて滅多にないのでかなり新鮮です。
(゚ぺ) 潮の香りってそんなにしないんだな・・・。

対岸で降りると江ノ島観光の目玉、「新江ノ島水族館」が見えてきた。

「江ノ島の旅 其の二」へ続く。

岩本楼本館

江ノ島岩屋

ページの最上部へ