地元群馬県の地域情報を中心に公開していきます。

箱根の旅

2008.05.23

(´ー`) 箱根の宿「おん宿 章八」をチェックアウトして、旅3日目、箱根観光の始まり。
バスで箱根湯本駅まで戻り、箱根登山鉄道強羅駅へ。
駅を出ると小雨がしとしと。
(´へ`) 旅初日に北鎌倉で降ってた雨と同じような、中途半端な雨だった。
しかもさすがに山だけあってちょっと寒い。
(´-`) この日の行き先を決めるために議論した結果(この時点でまだ決まってなかった)、美術館めぐりをすることに。

そこでまずは「箱根ロープウェイ」に乗って「箱根美術館」へ。
着いてから気付いたけど、ほんの2駅分だったので歩いていきゃ良かったなぁと後悔。
(´A`) ロープウェイ楽しめるほど乗れなかった・・・。

jpg箱根美術館は、敷地内に入るとまず大きな庭園が広がる。
(´∀`) これがまた綺麗な風景で・・・雨が降ってなかったらもっと綺麗だったのかな。
秋の紅葉、冬の雪景色も見てみたいもんです。
(´ー`) 敷地内は小さな丘のようになっていて意外に広く、本館・茶室2棟・別館(展示室)・休憩所など建物が8つ。

jpg本館の展示物は土器や壷などが中心。
2階への階段を上ったところにある休憩スペースには箱根の景色を一望できる大きな窓が。
(`∀´) いい景色だった!

jpgいったん強羅駅に戻り、次はバスで「箱根 彫刻の森美術館」へ。
(´_ゝ`) CMでしか聞いたことのないこのフレーズ(そういや最近見ないなこのCM)。
まさか実際に訪れることになるとは・・・
ちょっと感動した。

(゚ぺ) 彫刻とか芸術とか聞くと、ちょっと構えてしまうというか・・・アーティストの感性とかに共感できずに何となく見て終わりみたいな体験が多い。
心のどこかでそんなイメージを持って入ったけど、今までの美術館の印象とはちょっと違っていてかなり楽しめた。
(´∀`) 金沢の21世紀美術館と同じように、これからの新しい美術館の風みたいなものを感じました。

jpg美術館というより美術テーマパークみたいな印象。
(´ー`) 入場するとまず緑豊かな広場が広がっていて、あちこちに彫刻作品が配置されてる。
山の地形 を活かして配置位置も計算されてるようです。
(´◇`) そういえば美術館って絵を見るのがほとんどだから、野外で彫刻を眺めること自体がすごく新鮮だ。
雨は相変わらずだったけど、ひとつひとつの作品に見とれてしまいました。

彫刻以外にも、巨大迷路(かなーり迷った)などの軽いアトラクション もあり。
(`∀´) 出入り口近くの広場では大道芸のショーもやってたし、もし天気が晴れてて子どもだったら、えらいはしゃぎ周ってただろうなぁ。

jpg館内のビュッフェスタイルのレストランで食事を採って、楽しかった旅もいよいよ終わり。
?(´▽`)/ いやぁ箱根。温泉だけじゃないんですねぇ!

(´_ゝ`) さてこの日の夜は、はるばる群馬から友人を呼び寄せて町田駅周辺でベロベロになるまで飲みまくりました。
┓(´Д`)┏ あれだけハメ外したのは大学生以来・・・むしろあの時よりひどい有様だった・・・。
(´皿`) 以前遊んだ街は危険だ!
(゚皿゚) 次回は数年後にしとこう!

箱根美術館

箱根 彫刻の森美術館

ページの最上部へ